QLOOKアクセス解析

    *All archives* |  *Admin*

    2012/07
    ≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    夏は胃腸を大切に/ギックリ腰や寝違えにならないために
    毎日異常な暑さが続いていますね。
    私の住んでいる練馬区では、今日も日中は35℃超えの暑さでした。
    夏大好き~!!!・・・な私ですが、さすがに昼間の殺人的な暑さは堪えます。

    これだけ猛暑続きとなると、やっぱり冷たいアイスやキンキンに冷えたビールが
    美味しいですよね。
    あづぃ~~~(+_+;)!!!と外から帰ってきて、冷房の効いた部屋で一気に冷たいものをゴクリ!

    「はぁ~~!冷たくて最高!」

    ですがこれ、夏の身体にはとっても負担のかかるもの。

    お腹が冷えると胃腸の調子が悪くなるのは、よく御存じだと思います。
    お腹が痛い時に「温かくしなさい」って言われますよね。

    冷えない事も大切なんですが、もう一つ気を付けたいのは
    必要以上の水分に気を付けること」。
    東洋医学で胃腸の働きを司る「脾」は体の中の湿気に弱いとされています。
    胃腸の働きが低下した時に、胃がポチャポチャしたりした事はありませんか?
    水分や冷たい物の取り過ぎは、消化吸収の機能を低下させてしまうんですね。

    さらに言うと・・・
    冷たいアイスやジュース、ビールはのど越しが良くて気持ちが良いですが
    これはダイレクトに食道や大事な内臓を冷やしているだけで、瞬間的に気持ちが良いだけ。
    身体全体の熱を下げる事にはなりません。

    たくさん汗をかく夏の水分補給は、熱中症を防ぐためにも大切ですが
    必要以上に冷たい飲み物を取り過ぎる事は、かえって体のためにはよくありません。
    内臓の冷えや不調から、ギックリ腰や寝違えなどが起こりやすいのも夏から秋にかけてです。

    そうはいっても、やっぱり夏はビールが美味しい!
    夜は冷たいお酒をキューッと飲みたい!

    ・・・私も毎日そう思います(^^; 笑

    それも夏の楽しさの一部ですもんね。
    健康のために、なんでもかんでも「ダメ!」「ガマン!」は楽しくありません。

    そんな時は、昼間のアイスをひとくちだけにしてみるとか
    喫茶店では氷を抜いてもらうとか。
    「え~?」と思われるかもしれませんが、習慣にしてみると意外と平気になるものかなと
    思います。

    ちなみに、お酒やビールを飲んだ後、食べ過ぎた後などに
    太ももの前側がパンパンに張って痛いとか
    足の甲、2番目と3番目の指の間のラインをゴシゴシすると痛い方、
    胃腸のお疲れがあるかもしれませんよ。

    均整法では内臓の不調にもアプローチしていますので、どうぞご相談くださいね。



    スポンサーサイト
    手から伝わるもの
    またまた、手話と均整に関して感じた事をひとつ。

    どちらも同じ「手」を使う事だからでしょうか。
    ときどきふと、あぁ・・・と気付かされることが多いのです。

    毎週1回の手話講習会では、講師の先生と二人の助講師の先生がいらっしゃいます。
    当然、3人の先生の手話はいつも見ているのですが
    それぞれの先生の手話から、なんとなく受ける印象が違うのです。

    速さ・動作の大きさといった、見てすぐ分かる違いだけではなく
    指先のちょっとしたさばき方とか、手の角度、カーブの描き方とか
    そういった細かい違いがまるごと一つになって、全体の印象に違いを生んでいるんだろうなぁと今のところ自分なりに解釈しています。

    毎日放送されている、NHKの手話ニュースでも感じます。
    日によって「あ、この人の手話は好きだな」とか「んー、今日はこの人か」とか。
    初心者の私が偉そうなコトを・・・(^^; という感じですが
    なんとなく受けるイメージが違うんですよね、人によって。

    あまりよく知らない人とお話した時でも、会話の中からなんとなく受ける印象って
    ありませんか?
    特別深い個人的な内容について話さなくても、ちょっとした
    言葉のチョイスとか、声のトーン、間の取り方なんかで結果的に受ける印象って
    違ってきますよね。

    健聴者の場合、主に声と耳でそれを相手から読み取って、そこに表情や動作の仕方なんかの情報をプラスして相手の印象を自分で作っているのではないかな。
    聴覚障害者の場合、それが声という情報の代わりに、手になる・・・
    んー、私の先入観が入っている可能性もありますので、まだ自分でもよく分かりませんが
    「全体は細部に現れる」というか「細部が全体を表す」というか、とにかく
    「手」の使い方が伝えるイメージはとても大きいような気がします。

    で、均整ではどうかな・・・と考えてみました。

    これもやっぱりあるような気がする。

    色々な先生について、施術する時の手の感じを思い出してみるとやっぱりそれぞれ印象が違います。
    そしてこれまた不思議と、実際の各先生に対して私が感じている印象と
    大きく違わないんですよね。
    (好きとか嫌いとか、そういうハナシではないですよ(^^;! )
    声でする会話というツールを使わなくても、なんとなく手から伝わるものがあるように感じます。
    「これこれこうだから・・・」と意識的に考えなくても
    脳がダイレクトに感じて判断するようなものでしょうか。

    そんな事を考えながら、お客様は私の手をどんな風に感じているのかな、と思いました。
    もちろん「手の感じから、どんな人か感じよう!」なんて意識している方は
    いらっしゃらないと思いますので(笑)、施術が終わったあと結果的に、という意味で。

    嫌な触り方をしない、キツイ触り方が不快、という点に関しては当たり前の事なので
    どんな先生も気をつけている事だと思います。
    そういう事とは別に、こうなりたいなぁ、こうでありたいなぁ、と目指すなら・・・

    自分の中だけで、心に留めておこうと思います(^-^)




    お話してみてわかること
    毎週火曜日の夜は手話講習会。
    今夜も(日付変わってますので昨日か。)、とても楽しく勉強してきました。

    普段のスタイルは、先生が壇上で教えてくれる手話の学習です。
    私達生徒は先生の方を向き、初めての単語を少しづつ覚えます。

    ですが、今日の講習会はひと味違っていました・・・・・

    「生徒たちだけで、手話の会話をする。声出し禁止。」・・・・・・・・・・(゚Д゚;)えぇ~。

    先週のクラスで予告はあったのですが、教室に到着してびっくり。
    教室はまるで「お見合いパーティ会場」のように椅子が並べられていました。

    手話講習会が4月からスタートして、まだ3カ月。指文字は多少出来るようになったけれど、覚えた単語なんて、まだまだ数が知れています。

    「あーーー。何話そうかな。声出さないで手話だけ・・・」
    先週からこの日を覚悟していたとはいえ、椅子の配置を見た瞬間、どきどきどきどき・・・
    小心者ですぐ緊張する私。汗が止まらないのは暑いからじゃないなぁ、と思いました(^^;

    ですが。

    実際に手話で話し始めてみると、意外や意外。
    スラスラ、とはいきませんでしたが、何だかすごく楽しい!
    名前、住所、趣味、家族の人数、仕事、どんな食べ物や動物が好きか、などなど。
    その程度の内容なんですが、分からない単語はめちゃくちゃの身振りも交えて
    どんどん会話が進んでいきます。

    あっという間に時間がきて、お隣の席へ移動です。
    他の皆さんも初めのうちは静かだったのが、後半は大きな笑い声があちこちであがってました。
    みんなお話が盛り上がったんですね(^^)
    私もすっごく楽しかった!

    おとなしそう?と思っていた女性の趣味が「キックボクシングの観戦」だったり、
    70歳を超えられた方が、「中仙道を歩くのが趣味で。2年かけて日本橋から京都まで歩いたの。」とか。
    キャリアウーマン(・・・古いデスカ?)風の女性が「ひとりカラオケで2時間歌うのよ♪」とか、
    「練馬区○○〇に住んでるの?私の実家すぐそこ!」なーんて。

    お顔は知っていたけれど、あまりお話した事がない方の方が多かったので
    「本当!?」、「びっくり!!」の手話を連発してばっかりでした(^^;

    やっぱり色々お話してみないと分からない事って、沢山あるんですよね。
    見た目や想像だけでは人の事なんてわかりません。

    これは普段、お客様とお話をする時にも感じます。
    お身体をみせて頂いただけでは、不十分。
    「はじめまして」から始まってまずは問診ですが、これはとーーーーーっても大事。

    お悩みの原因がどこにあるのか、この方のお身体の何と何が繋がってどんな事が影響しているのか。
    整体では、「体の中を覗いて検査する」なんて事は出来ませんので
    とにかくあちこちお身体を観察して、いろいろお話を伺ってデータをより沢山集めた方が良いのです。
    時にはお客様自身が忘れていたり、関係ないかなと思われてお話されないような事に
    解決のヒントがある事も多々あります。

    やっぱり、お話をしてみて分かる事ってたくさんあるなぁと日々感じています。

    もちろん、お話したくないことを無理やり聞き出したり、
    伺ったことを他の誰かにペラペラしゃべったり、なんて事はありませんのでご安心を。
    あくまでも施術の参考にさせて頂いています。

    女子にもオススメ「豚野郎」
    今日は夕方から、お世話になっている板橋区の「大村身体均整院」へ伺ったあと
    大村先生とお茶の水でお食事してきました。

    伺ったお店は、その名も「豚野郎」

    うーん、なんとも男気溢れるネーミング!
    大村先生によると、豚丼で連日行列を作っている人気店なのだとか。
    確かに食べログの高評価を見ると、お、お、お、おいしそう~♪

    野郎ではない私も何を隠そう、ガツンと丼モノ、お肉大好き。
    お腹いっぱい食べるのが大好きです。嫌でも期待に胸が膨らみます。。。

    食べログのコメントに行列必至、と書いてあったので覚悟していましたが
    今夜はとてもラッキーだった様で、我々の前には5人ほど。

    「やった♪」と思っているうちに、振り返れば既に数人・・・
    ホントに人気のお店なんですねー。

    程なくして入店すると、店内はお醤油の甘辛い香ばしい香りで・・・「たまらんっ!」

    そして、じゃじゃーん。
    こちらが、その「豚丼(中)」
    豚丼

    私のへたくそなピンボケ写真では、上手く伝えられないですが・・・
    とにかく美味しかった!
    甘辛いタレと香ばしい豚肉がこれでもか、とご飯の上に。
    上に乗ったネギとよく合って、ボリュームたっぷりでしたがペロリ。

    口コミを裏切らない美味しさでした♪
    これで¥680-だから、すごい。

    写真には写ってないですが、半熟卵も注文できます。
    これがまた合うんだなー。
    危険な美味しさです。

    お茶の水に行かれた際には「豚野郎」、ぜひ行かれてみてくださいませ。
    おすすめデス。

    ところでこの豚肉、「ブタミンパワー!」ってCMがあったのご存じですか?
    夏には嬉しい栄養がたっぷりなんですね。
    疲労回復や、神経の働きに関係してイライラを防ぐ「ビタミンB1」が豊富とのこと。
    牛肉に比べると、なんと10倍も含まれているそうですよ。

    美味しくて栄養たっぷりの豚肉を食べて、大満足。
    明日の均整法研修会も楽しく頑張れそうです♪

    健康応援フェスタ2012に行ってきました
    昨日の日曜日、有楽町国際フォーラムで開催された
    「健康応援フェスタ2012」に行ってきました。

    今回は、東洋医学、漢方と体のお話などの講演がメインです。
    生薬

    会場前のロビーには本物の生薬がズラリ。
    「お手に取ってどうぞ。」との事で実際に触らせて頂きました。

    生薬2

    ↑の画像の「センキュウ(川芎)」は、セリ科の植物。
    「セロリの仲間の根っこですが、根もセロリと同じような匂いですよ。」との事でした。
    嗅いでみるとほんとに、セロリの匂い!
    なぜか漢方とかお灸の匂いって、ほわ~っと匂って落ち着きます。


    数名の先生による、漢方と体の事に関してのお話があったのですが
    中でも、漢方入門講座をお話してくださった日本大学医学部の上田ゆき子先生は
    5月に行われた身体均整師会の全国講習会で講義をして下さった先生です。

    5月の時も感じたのですが、上田先生のお話は本当に分かりやすく
    惹きこまれているうちに、30分の講演がアッという間に過ぎてしまいました。

    東洋医学や、漢方に関する治療院にかかった事のある方はご存じだと思うのですが
    その治療方法や患者の診察の仕方は、西洋医学と大きく異なります。

    お話を聞きながら、均整法に共通するものを感じ私が
    特に心に残ったポイントをあげてみます。

    〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎

    ①「同病異治」 同じ症状でも、その人その人によって異なる治療をする

    ②「病気」そのものではなく、「病気になった人」を診る

    ③「未病」を放置しておくと、症状が進み「病気」となる

    ④「心身一如」 心と体はひとつ


    〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎〇◎


    ①の「同病異治」とは、1つの同じような症状でも人によってアプローチ方法は異なる
    という意味です。単純に「腰痛」といっても、体を捻ると痛いのか、前に倒すと痛いのか
    冷えてしまって痛みが出ているのか、それともお疲れの溜まった内臓からきている痛みなのか、その原因は様々。
    単に「痛みを止める」効果のあるお薬を出して終わり、というだけではなく
    お客様のお話をじっくり伺い、「この方にはこの操法」とアプローチしていく点は均整法でも同じです。


    ②も、意味するところとしては①と同じです。
    症状だけを取り上げて、お薬で対処するのが「病気」を診る事だとすると
    東洋医学では目の前にいる「その人」をより診ようとします。

    例えば「ストレスで辛い」というお客様が目の前にいるとします。
    均整法では
    「前後型の要素が強いから、頭のお疲れや緊張をとる方法を」
    「ストレスから食べ過ぎて胃腸のお疲れも出ているのかな、左右型の操法を」
    「落ち込むというよりもイライラが強いのなら、肝臓や胸椎9番の状態はどうかな」
    といった風に、体型や時には性格なども踏まえて「この方だからこうなっているのだな」
    という点をより重視します。
    ちなみに、「均整法は病そのものを追うのではない」と、学生時代に何度も繰り返し
    教えて頂きました。


    ③の「未病」は最近CMなどでも耳にすることがあるので、ご存じの方も多いかもしれませんね。
    読んで字の如く、「まだ病気になる前の段階」です。
    東洋医学では、その段階からアプローチして本格的な「病気」に進むのを防ぐという考え方です。
    均整法でもこれは同じ。
    定期的にまだ小さい歪みや緊張をこまめにとる事は、日々の健康維持にも有効です。
    無理をして体の声を聞かずに頑張り過ぎて過ごしてしまうと、歪みが歪みを生んでやっかいな事にもなりかねません。
    小さな歪みや見えない部分の緊張は、自分ではなかなか気が付きにくいものですが、
    均整法の施術ではそういったところにも先手を打って対処することが可能です。



    ④の「心身一如」。東洋医学的でいいですねー。笑
    いやいや、「笑いがガン細胞にもたらす効用」というお話は有名ですし
    ストレスで胃や腸の働きが低下するというのも、よく知られています。
    東洋医学に限ったことではありませんね。

    均整法でも「心と体」は一つのものと考えます
    お腹の硬さや肩の巻き込み具合、お通じや睡眠、お客様のお悩みを聞いて
    それが心に及ぼす作用などを考えます。伺うことは「痛みやコリ」に関する
    ことだけではありません。
    「心と体は相互に影響する」んですね。どちらか片方だけではなく、まるごとでひとつの体。
    「体→心」という事ももちろんありますから、何か辛いお悩みが体にある場合
    それが気持ちに及ぼす影響も忘れてはいけません。


    以上、簡単にポイントだけをあげてみましたがいかがでしたか。

    ここに書いたことは「西洋医学より東洋医学の方が優れている」とか
    「身体均整法が一番すごい!」と単純に力説しているわけではありません。
    どんなアプローチ方法にも、良い点・悪い点はあるものです。
    また手技療法においては、その手技と受ける人との相性もあると私は思っています。

    医学的な治療や、健康法、サプリメント、手技療法・・・
    私たちの周りには星の数ほど存在します。
    何かしら体の事で悩んだ時に、それぞれが自分に合ったベストな方法を見つけられる
    ことが出来れば良いなと思います。

    そんな「私」の一番は、もちろん「身体均整法」です♪
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。