QLOOKアクセス解析

    *All archives* |  *Admin*

    2012/08
    ≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    暑くて体調不良・・・均整法で夏のお疲れをケア
    8月もあと数日を残すところとなりましたが、まだまだ厳しい暑さは続きそうですね。

    しかし、今年の夏は本当に、本当に、暑かった~(+_+;

    朝の早い時間から太陽がギラギラ・・・。外出すれば汗がだらだら。
    体力も奪われますし、湿度と高温のせいかなんだか息苦しい。


    夜は夜で熱帯夜が続き、しっかり睡眠をとって体を休めたいのに寝苦しい、
    朝起きても体が重い、だるい、といった方も多かったのではないでしょうか。


    昼間の暑さと冷房による急激な温度差や、睡眠の質の低下、この時期
    そういった事が原因で体調が思わしくない方も多いようです。

    かくいう私も、暑さに加えてオリンピック寝不足がたたり生活リズムが不規則に。
    体は疲れているのに、夜眠れない、寝ても数時間で目が覚めたり。
    寝不足のまま忙しく動き回っていたので、少し体調を崩してしまいました。
    とほほ・・・。

    うーむ、これはイカン。
    お客様に「夏は体調を崩しやすいので気を付けて下さいね、お大事に。」
    と言っている立場で、これはよろしくないぞ。
    しっかり体のメンテナンスをしなければと思い、先日久しぶりに均整の施術を受けました。

    かなり久しぶりの施術だったので、その日は溜まった疲れがドーーーッと出ました。
    体がズッシリと重く、緊張していた部分が緩んだせいでとにかく眠い眠い。。。
    でもおかげで、その晩は久しぶりに深く熟睡することができました。

    そして、翌朝目が覚めると非常にスッキリ!爽快!
    あぁ、体を休める、ケアする、って本当に大事、と今更ながら実感しました・・・。

    若い頃は気力や体力も十分ありますから、多少の無理もきくかもしれませんが
    年齢を重ねると、大切になってくるのはやっぱり日々の体のケア。
    無理をして、肉体的にも精神的にも疲れや緊張を残したまま過ごすのは
    翌日の仕事量にも却って逆効果。

    日々の生活の質を快適なレベルで維持するためにも、基盤となる体のメンテナンスは
    とても大切なのではないかと思います。

    まだまだ暑い日が続き、体には厳しい時期が続きそうですが無理は禁物。
    均整法で体のお疲れをしっかりとって、夜は心地よく眠り、また頑張れる体づくりを
    されて頂ければと思います(^^)
    スポンサーサイト
    女性のパワーすごいのだ
    私のお客様は、比較的小さいお子様のママが多いです。
    女性専科で出張整体というスタイルのためでしょうか。

    お子様がまだ小さいのでなかなか外出して家を空けにくいとか、
    午前中の早い時間に整体を受けて、午後はまた時間を有効に使いたい、
    というママさんに多く利用して頂いています。

    施術してお身体を触っていると、

    「どのお母さんもとーっても頑張ってらっしゃるんだなぁ」と感じます。

    ・・・って当たり前なんですが(^^;

    小さいお子様を抱っこする事が多いので、肩と首はパンパン。
    お買い物へ行って重い物を持ったり、洗濯するのも掃除機かけるのだって
    重労働ですからお疲れも相当溜まっています。
    腰が痛い日も毎日キッチンでご飯を作らないと、家族のみんなが困っちゃうわけで。
    さらに幼稚園や小学校の行事があったり、ご自分の用事もあるのですから。

    どのお母さんも例外なく肩こりやお疲れがあるようです。

    もちろん!外で頑張るお父さんも大変ですが、お母さん方の施術をして
    お話していると文字通り「家事や育児、おうちの中の事にはお休みはないのだな~」と
    実感する機会が多いのです。

    しかしホント、女性のパワーって素晴らしい。(男性の方、ゴメンナサイネ。)
    女性専科で均整院をやっている立場として、微力ながらいつまでも
    女性を応援する均整師でいたいと日々思います。

    ところで。
    ロンドンオリンピック、閉会してしまいましたね。。。あぁ~サミシイ~
    今朝の閉会式は本当に切なかった。
    なんというか、「過ぎゆく夏」「短い夏」って感じで余計さみしくなるのかな。

    ついついLIVEで臨場感&興奮を味わいたいがために、私は連日の睡眠不足でした。

    ママさんのお話じゃないですが、女性のパワー繋がりでいうと今回のオリンピックも
    「女性の強さ」が強く光った大会だったように思います。

    柔道松本選手のあの闘争心!レスリングの小原選手には夜中に号泣、
    吉田選手には惚れた~。アーチェリー3人娘可愛かったなぁ。
    卓球は石川選手の集中力がすごかった。
    バドミントンも夜中に興奮したー。無気力試合ってナニ???
    水泳・・・は見逃したんだった、サッカーは、もう何も言うまい。

    4年間、その日のために全ての力を注ぎこんできた選手に沢山パワーを貰いました。
    競技を終えた選手は口々に「応援してくれた方に感謝」と言っていましたが
    私も選手の皆さんにお礼を言いたい気持ちです。

    次回の開催はリオですね。今から本当に楽しみ。
    私もまた明日から、しっかり自分のするべきことを頑張ろうと思います。

    (実はパラリンピックも観たい私。また寝不足かな。)



    痛いのツライのとんでいけ~
    占いが好きで、石井ゆかりさんや加藤まやさんの占いを毎週末楽しみにしています。

    意識的にそうしているわけでもないんですが、昔から良い事だけが頭に残って
    悪い事はもうバンバン忘れていくたちです。
    読んだそばから忘れているというか。

    そのおかげで単純に楽しめているのかもしれません。
    きっと、良くない事の方が印象に残って気分が落ちてしまうなら
    純粋に楽しめないかも。
    大体が、「来週はこんな楽しい事があるのねー!ラッキー♪」という感想で
    気を付けた方が良いことなどは頭に残ってません・・・(^^;
    そんな事が書いてあった、というのすら記憶に上らない感じ。
    でも、それでイイかなと思ってます。

    似たようなお話で。
    施術をしていても、痛みやツライ部分が改善したお客様に
    「○○が痛かったところ、今比べてみてどうですか・・・」と伺うと
    「あれ?どんな感じで痛かったんだっけ?どこだっけ?」という事があります。

    私自身も経験がありますが、肩こりにしても腰痛にしても
    改善されてしまうと、痛みやツライ感じってリアルに思い出せないものなのかもしれません。
    もちろん「痛かったこと」自体は経験として残っているけれど。
    痛みやツライ感じは「感覚」なので、そこら辺は記憶の回路と違うのかな。
    詳しくないので確かな事は分かりません。

    でもそれもイイですよね。
    必要がないからどんどん忘れるのかな、と。
    「あれ?」と仰るお客様には、もう痛かった感じ、辛かった感じのお話はしません。
    どんどん、じゃんじゃん忘れてしまって欲しいと思います。
    それよりも、この先のお体の養生のポイントの方が大切です(^-^)
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。