QLOOKアクセス解析

    *All archives* |  *Admin*

    2017/09
    ≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    夏は胃腸を大切に/ギックリ腰や寝違えにならないために
    毎日異常な暑さが続いていますね。
    私の住んでいる練馬区では、今日も日中は35℃超えの暑さでした。
    夏大好き~!!!・・・な私ですが、さすがに昼間の殺人的な暑さは堪えます。

    これだけ猛暑続きとなると、やっぱり冷たいアイスやキンキンに冷えたビールが
    美味しいですよね。
    あづぃ~~~(+_+;)!!!と外から帰ってきて、冷房の効いた部屋で一気に冷たいものをゴクリ!

    「はぁ~~!冷たくて最高!」

    ですがこれ、夏の身体にはとっても負担のかかるもの。

    お腹が冷えると胃腸の調子が悪くなるのは、よく御存じだと思います。
    お腹が痛い時に「温かくしなさい」って言われますよね。

    冷えない事も大切なんですが、もう一つ気を付けたいのは
    必要以上の水分に気を付けること」。
    東洋医学で胃腸の働きを司る「脾」は体の中の湿気に弱いとされています。
    胃腸の働きが低下した時に、胃がポチャポチャしたりした事はありませんか?
    水分や冷たい物の取り過ぎは、消化吸収の機能を低下させてしまうんですね。

    さらに言うと・・・
    冷たいアイスやジュース、ビールはのど越しが良くて気持ちが良いですが
    これはダイレクトに食道や大事な内臓を冷やしているだけで、瞬間的に気持ちが良いだけ。
    身体全体の熱を下げる事にはなりません。

    たくさん汗をかく夏の水分補給は、熱中症を防ぐためにも大切ですが
    必要以上に冷たい飲み物を取り過ぎる事は、かえって体のためにはよくありません。
    内臓の冷えや不調から、ギックリ腰や寝違えなどが起こりやすいのも夏から秋にかけてです。

    そうはいっても、やっぱり夏はビールが美味しい!
    夜は冷たいお酒をキューッと飲みたい!

    ・・・私も毎日そう思います(^^; 笑

    それも夏の楽しさの一部ですもんね。
    健康のために、なんでもかんでも「ダメ!」「ガマン!」は楽しくありません。

    そんな時は、昼間のアイスをひとくちだけにしてみるとか
    喫茶店では氷を抜いてもらうとか。
    「え~?」と思われるかもしれませんが、習慣にしてみると意外と平気になるものかなと
    思います。

    ちなみに、お酒やビールを飲んだ後、食べ過ぎた後などに
    太ももの前側がパンパンに張って痛いとか
    足の甲、2番目と3番目の指の間のラインをゴシゴシすると痛い方、
    胃腸のお疲れがあるかもしれませんよ。

    均整法では内臓の不調にもアプローチしていますので、どうぞご相談くださいね。



    スポンサーサイト
    Secret
    (非公開コメント受付中)

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。