QLOOKアクセス解析

    *All archives* |  *Admin*

    2017/09
    ≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    奥が深いけどシンプル?/均整法の体型調整
    私が卒業した「身体均整法学園」のお話です。

    私の体の悪いクセ・・・というか、時々現れるやっかいな痛み。
    たまーに、尾骨がピリピリと痛くなります。

    尾骨はお尻の真ん中、しっぽのトコですね。
    激痛とか座っていられない程痛い、という訳ではないのですが
    なぜかふと気が付くとジンジンピリピリ痛くなったり、またある日気が付くと消えていて
    「あれ?」と思ったり。

    数日前の夜、就寝しようとお布団に入ってから、久しぶりに「ありゃ?痛いかも。」

    自分で出来る均整法、しかも今、このお布団の中で。
    何があるかなーとぼんやりテレビを見ながら考えて、とりあえず「百会」を優しくなでなで。。。

    「ぃぃぃいいっったーーーぃ!!!」

    思った通り、というか予想以上に痛い~。
    尾骨よりこっちの方がよっぽど痛い。

    「百会(ひゃくえ)」は頭の真ん中辺りにあるツボ。


    「頭から背骨(脊柱)」体の真ん中を通る一本のラインでみた時に、
    尾骨はラインの終わり。百会はラインの始まり。
    場所は一番離れているのですが、均整法では「相関(そうかん)」という考え方に基づいて
    互いに関連があるとします。

    痛いなぁ~と思いつつコシコシしながら、3年前「身体均整法学園」の入学説明会に行った時の事を思い出しました。

    均整法を勉強してみたいという気持ちはあったものの、入学申し込みをするか、しないか。
    既に八割方、気持ちは入学に傾いていたのですが、それなりの授業料もあるしやっぱり資料だけでなくきちんと学園に行って説明を聞いてからにしようと説明会に参加しました。

    池袋、身体均整法学園の畳の教室。初めての場所でドキドキしていると、
    現れたのは二人の先生。
    カリキュラムの説明の後、「施術体験」の時間がありました。

    「何かお悩みありますか?」と聞かれたので、

    「お尻のしっぽの骨が3カ月ぐらいずっと痛いんです。」と。
    3年前のその時も痛かったんですね。体調のよくない時期でもあって今よりもっと痛くて
    3カ月以上も続いていました。
    説明の最中にもジンジンと痛くて、座面に当たらないようにお尻をちょっと浮かせて聞いていました。

    キレイな銀髪にお肌ぴかぴかの男性の先生。
    「あ、そう。」といって、立っている私の姿勢を観察した後、「仰向けで寝てください。」

    どんな事するんだろ~ぅ♪・・・・・・とワクワクしていると、右足の4番目の指を軽くつまんだだけ。

    そのままじーっとしている先生を見つつ、「え?もう始まってるの?」と頭の中ははてなマークでいっぱいに。

    でもでもでも、不思議な事にしっぽの痛みが薄らいだような。気のせい?
    いやいやまさかね・・・。3カ月も痛かったしさ。

    その後、私の他にも来ていた参加者の方の「施術体験」を見学してから
    数分後再び席に戻りさっきの椅子に座ってみると、なんと痛みは消えていました。

    あまりにあっけなくて、キツネにつままれた様にぽわーん。
    感動!!!均整法スゴイ!!!・・・・・というよりは、何がどうなって何が起きたのか。
    自分でどう整理したら良いのか分からず、ほんとにただ「ぽかーーーん」という感じで帰り道につきました。

    「内臓操縦法」の講師をされていたその先生とは入学後、授業の時に再びお話することができました。
    説明会の時に受けた施術が忘れられず、内容を詳しく聞きたくて仕方なかった私が
    「あの時、足の指で何をしてくださったんですか?」と鼻息荒く伺うと、
    「体型調整だよー。」とただニコニコするだけ。

    身体均整法の基本は「体型調整」です。
    ひとつひとつの痛みや悩みに捉われず、体型のアンバランスを整えること。
    (もちろんそれだけではないですが、基本的には。)
    姿勢や重心のアンバランス、その行き過ぎたものが体に不調をもたらすと考え、
    それらを整えることで様々な不調に対応していきます。

    きっとあの説明会の時も、その先生は私の「体型調整」をシンプルにしてくれただけなのかもしれません。
    ともすると、未熟な私は
    「○○をこうすれば、ここの痛みに効く?」とか手っ取り早い方法に気が惹かれがちですが
    そんな時しばしば、あの日の事を思い出します。

    学園で様々な均整法の手技を学び、少しは知識が増えた今となってみると
    デルマトーム?足を何番に角度取ってたっけ。
    いや、、、D10で消化器型調整?胆経だったな、触り方は抑制じゃなくて鼓舞っぽかったから・・・
    とごちゃごちゃ推測してみたりするのですが、いずれにしても行きつく先は「体型調整」。
    アプローチの仕方が様々あるだけで、結局は体型を整えています。
    なので、痛みのある部分そのものに触らず、違う部分を整えて不調を改善する事も可能なのです。

    ですから私が自分で行った「百会」の調整も、数ある均整法のバリエーションの中のほんの一つ。体型調整の一つです。(自分では前後型調整と思ってますが。)
    コスコスしているうちにすこーしずつ楽になり、翌朝起きると痛みはなくなってました。

    シンプルでありながら、手技のバリエーションに富んだ均整法。
    奥が深くて難しいけれど、とても楽しいです。

    身体均整法学園のHPはコチラをどうぞ→ 東京 池袋「身体均整法学園」
    受講生を募集中です。4月からの受講にもまだ間に合いますよ☆



    スポンサーサイト
    Secret
    (非公開コメント受付中)

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。