QLOOKアクセス解析

    *All archives* |  *Admin*

    2017/09
    ≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    夏が来るので?ハラマキのススメ。1
    「体温を上げると健康になる」

    お医者様である、齋藤真嗣先生のベストセラー。

    一時期とっても話題になったので、実際に読まれた方も多いのではないでしょうか。

    体温が1℃下がると免疫力が30%低下する、とか
    筋肉を付けて体温を上げると、基礎代謝もUPしてダイエットにも有効、とか
    ガン細胞は低体温を好む、などなど。

    温めブームはすっかり定着して、最近は書店に行けば「体温をあげて~」関連の
    コーナーを見かける事も多くなりました。

    この「温める事は体にとって良いですよ」というお話、
    私は実際に自分の体で実感しています。
    というか、「冷えは百害あって一理なし!」という感じかな?


    元々私は平熱が高く、朝の起き抜けでも36.5℃を下回った事がありませんでした。
    もちろん冷え症とは縁がなく、冬でも手足の先までポカポカ。
    お通じも素晴らしく(良い、んじゃないんです。素晴らしい!だったんです)、
    便秘になるとどんな感じになるのかな~、なんて想像していた位です。

    が。。。数年前、体調を崩して本当に心身共にシンドカッタ頃、
    一気に一年中寒くて寒くて仕方がなくなりました。
    真夏、暑いし、汗はかくのですが、それでいてゾクゾクと寒気がする。
    体の芯が冷えている様な感覚。
    じわじわとお腹の調子もおかしくなり、これまで経験した事のなかった便秘にも。
    お腹の中が石になってしまった様な、正しく活動してない様な感じ。
    自律神経がてんでばらばら、だったのか老廃物が溜まりまくったせいなのか、
    元々少しあったアトピーが、かつてない程に大爆発。

    少し落ち着くと次は、コリン性蕁麻疹やアナフィラキシーショックが登場。
    アレルギーマーチ・・・だったんですかね。
    その頃かかっていた漢方医のお医者様を「うーん。」と唸らせていました。
    「喘息が出てくる前に・・・」と呟いていましたね。


    変化は肉体的な面だけではなく、精神的にも現れました。

    とにかく動きたくない。
    やる気も出ない。だるー。ぼけー。・・・・かと思うと突如、焦燥感に襲われて動悸が
    数分止まらなかったり、真夜中に「ウワッ!!!」と言いながら目が覚めたり。

    とにかく時間が経つごとに、体がルールを忘れてバラバラに動いている様でした。

    なんじゃこりゃー。なんかオカシイゾ。。。
    体の基礎が変わってしまったぞ。
    これは、お薬を飲んで・・・という訳にはいかないんでは???

    少しずつ現れる奇妙な症状に、悩みながら、だんだんと
    「自律神経」、「内臓の状態」といったキーワードが頭に浮かび始めます。

    その後、紆余曲折あって「身体均整法」にたどり着くわけですが、


    ・・・・・ハラマキの話をする前にプロローグが長すぎた(汗)

       続く。


    スポンサーサイト
    Secret
    (非公開コメント受付中)

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。