QLOOKアクセス解析

    *All archives* |  *Admin*

    2017/09
    ≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    夏が来るので?ハラマキのススメ。2
    前回の続きです。
    (→ 夏が来るので?ハラマキのススメ。1 )


    体調を崩し、それまで経験した事のない症状が次から次へと続きます。
    塗り薬や飲み薬で抑えようとすればする程、形を変えてまた別の症状が出てくる期間が長く
    続き、何をすれば良いのだー!と相当凹みました。

    「元気だった頃と、体調を崩した今と、体の中で何が一番違ったかな」
    そんな事を思いながら、ふと「そういえば寒い。」という事を思い出しました。

    冬でも手足がポカポカで、いつも体温が高かったのに。
    なんで夏なのに、こんなにゾクゾクするんだろ?

    「自律神経」「低体温」「冷え」「ストレス」「アトピー」
    「生理痛」「内臓の不調」「過敏性腸症候群」・・・

    冷えている、という事について色々なキーワードで調べると
    やっぱりこれはオカシイかもよ?・・・という結論に至りました。

    それからは、とにかく体温め作戦まっしぐらです。

    ・運動して筋肉を作り熱を産み出せるようにする 
    → 運動誘因性アナフィラキシーショックの為NG(というか、動く元気がない。)

    ・生姜、ニラ、ネギなど体を温める作用のある物を積極的にとる
    → これは悩むところ。アトピーなどの炎症が皮膚にある場合、
     体表という表面では熱があるので、更に食べ物で熱を加えた時に
     一時的に悪化しているような感覚もありました。
     体の内部、深部には冷えが存在しているのですが。
     「熱のアンバランスが体にある」状態です。
     「ポカポカ系」の食品、しょうがブームでHitしましたが、人によるのかな
     という気もします。

    ・毎日温めの半身浴
    → これも、私にはどうかな、と感じました。
     ゆっくりとお湯につかるのは気持ちが良いものですが、一気に体温が上がると
     お風呂を出た後に、死ぬほど痒みが襲ったり、蕁麻疹が出たり。
     また、発汗は老廃物の除去にも有効ですが、元々汗の出にくい体質の人の場合
     ゆでダコの様に顔が赤くなるだけで、その後汗をかいて体の熱を上手く逃がして
     あげる事が出来ません。のぼせやほてり、が悪化する場合もあるのかも。

    ・ハラマキ(やっと、やっと出てきた!)
    → これは、もぉ本当に、オススメ!です。
     アトピーで皮膚に出ている症状は単なる結果です。
     もっと注目しないといけないのは、腸などの消化器官。
     過敏性腸症候群などにも悩まされていたので、とにかくお腹の中を大事にしよう、
     冷えていては内臓が元気にならないぞ、
     と思って温めるためにハラマキをしてみたのですが、効果は絶大でした。

    なぜ、お腹を温めると良いのでしょう?

    お腹が冷えたなー、と感じて手を当てるその辺りには「腹部大動脈」という太い血管があります。
    太い血管には当然、沢山の血液が流れていますので、
    お腹や腰部、お尻の辺りをハラマキで冷やさない様にし続けてあげる事で、ゆっくりと効率よく体を温める事が出来るわけです。
    この、ゆっくりと、がポイント。
    お風呂に入った時だけ、カイロを貼った時だけ、ではなく持続的にゆっくりと
    温め続けたのが良かったのかな、と私は思いました。

    また、体温調節は体の中の自律神経が司っているのですが
    この自律神経をコントロールしているのは脳の「視床下部」というところ。
    視床下部はホルモンの分泌にも関連して、色々な臓器に指令を出しています。
    体を必要以上に冷やさない、という事は結果的に内臓の働きにも良いわけです。


    ハラマキをしたから、それまでの全ての症状が一気に改善!
    という訳ではもちろんありませんが、「自律神経」や「内臓の働き」というキーワードで考えた時に、何か気になっていらっしゃる方にはオススメですよ。

    何より、ハラマキってとても気持ちの良いものです。
    私も実際に試すまでは、「こんな薄い布一枚で・・・」なんて思っていましたが
    身に着けてみてあら、ビックリ。

    お腹だけでなく、腰やお尻までふわーっと温かい空気に包まれた感覚は
    してみないと分かりません。
    逆に、ハラマキをした時に初めて「こんなにお腹の中が冷えてたのかー」と
    実感しました。

    夏は当然暑いので、薄着になりますね。
    しっかり着込む冬よりも、ウッカリお腹も無防備になりがち。
    冷房のかかった部屋でオヘソが出たりしていたり、
    冷たいものの取り過ぎでも体は芯から冷えます。暑い時には嬉しいんですけどね。。。

    自分の手をお腹に当てた時にヒンヤリとする方は、お腹が冷えている証拠。
    ヒンヤリがよく分からない場合、私は冷えていると当てた手が温かく感じます。

    汗をかいたハラマキをそのまま身に着けていると、逆に気化熱で冷えてしまうので
    よくありませんが、こまめに替えるとか汗を吸ってすぐ乾く絹製ハラマキなども良いですね。
    私は体温も元通りになり、手足もポカポカ、お腹も常に温かくなりましたが
    未だに夏でも、薄めのハラマキしている事があります。

    スポンサーサイト
    Secret
    (非公開コメント受付中)

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。